2018年10月12日

AOR2 GRG

LBT 6094Aの盛り付けをしていこうと思います。
かっこいいと思ったものがこちら。



AOR1 の6094にAOR2を少し入れる事で違った印象に。
GRG(Grid Reference and Graphics)Chest Pouch  というものみたいです。
Grid References and Graphics:位置特定用エリアマップ等の情報を入れて確認するための物です。
最近のミリフォトだと携帯端末をここに付けてますよね。
この大きさでペーパーの情報だとそんなに情報量は無いので、「あんちょこ」ですね。
私もフライトの時に腿に付けて使っていました。(※「あんちょこ」とは虎の巻の様な、カンペの様な物です。)
「あんちょこ」に頼りすぎて痛い目に合った事が何度も・・・。
ちなみに当時使っていた「あんちょこ」入れがこちら。地図は反対の腿にクリップで止めていました。
支給品が無かったので、ミシン等を使って自作しました。メモも取れる様に鉛筆を付けています。
Gのかかる機内では落ちると拾えないし、危ないのでランヤード付きです。






話を戻して、今回手に入れたのがこちら。



2010年5月のものです。



最初はこうやって巻き付けていたのですが、ミリフォトを見ると、私が巻き付けている部分が上に出ています。




出してベルクロだけでは止まらないので、しばらく考えて。



こうしてみました。






多分この様に取り付けているのだと思います。

ちなみにPMAGは以前から持っているGEN2のトレポン加工物です。
PTS製と違い純正をMOVEさんで加工してもらっているので、一度もトラブルないです。






無線機等が付いていませんが、いい感じではないでしょうか。




見て頂きありがとうございます。

  


Posted by AKI at 15:09Comments(0)DEVGRU

2018年09月20日

ユルゲテトラ

ユルゲテトラに参加してきました。









こういったイベントに参加するのは初めてで、しかも一人で岡山からの参加なので正直不安でいっぱいでした。
当日移動では間に合わないので、前泊で千葉に入りましたが、その前に久しぶりにMOVEさんに寄りました。
しばらく顔を出していなかったので、忘れられているかと思いきや入ってすぐに名前を呼んでいただき嬉しかったです。



2010年前後のDEVGRU装備をする上で欠かせないのが初期タイプのHK416Dだと思いますが、電動にもガスブロにも満足できる物がなく手を出していませんでした。
今回MOVEさんに寄ったので、初めて手に取ってみたのですがNBORDEのHK416Dはやっぱり良いです・・・。
その後もナイトビジョンやカスタムトレポン、実パーツを見せていただき、翌日に備えて早めに千葉へ。

十数年ぶりにカプセルホテルに泊まったのですが、楽しみなのと周囲の鼾でなかなか眠れず、次回からは個室にしようと決意・・・。
集団生活していた頃は大丈夫だったのに(-_-;)。

当日は主催者のmorizoさんに最寄り駅で拾ってもらい会場入りし、お隣の席に座らせていただきました。
初めてお会いしたのですが、非常に気さくで紳士的な方でした。


ユルゲという事で定刻を過ぎてゆっくりとスタートし、司会進行はぽん太さんがされました。参加者は100名超えでしたが一日を通してスムーズな素晴らしい司会、進行ありがとうございました。尊敬します。





初めてのイベント参加だったので、どうしていいのか分からず流されるままゲームに参加したり、お話したり撮影に参加したりであっという間に一日が過ぎてしまいました。





泥沼さんブログより引用





MIL-FREAKSのまめさんと。いつもお手紙入りで癒されます(^^)


福島から参加された方とアルすんさんとプロテック合わせで。(お名前間違っていたらすいません、ご連絡下さい。)


いつの間にか販売されていたユルゲTシャツ買えました(^^)/

終わってみての反省は写真を撮るタイミングが分からなかった事です。
他の方がtwitterやBlogで写真を上げているのをみて驚きました。同じ会場にいたのに、皆さんいつの間に撮っていたのか・・・。
次は写真も充実させたいと思います。
当日の自分一人での装備写真も撮っていなかったのでMIL-FREAKSさんのブログから拝借して。

上下TRU-SPEC タイガーストライプ
PROTECH AOR1 プレートキャリア
Asolo Fugitive GTX
MARITIME AOR1 (FMA)
MP7A2 (WE GBB)
等で今までブログに上げていた装備で参加しました。
マウスガードは付けていたのですが、遠距離から当てられることが多く活躍せずにすみました。


いつもブログで拝見している方々やMMR-Zの方々と直に交流が出来、とても楽しく勉強にもなりました。
MARUさんいろいろ教えて頂きありがとうございました。
逆に、ブログを見ていますと言われ驚く事も。
morizoさんにはMMR-Zのメンバーやご友人の皆さんをを紹介していただき感謝しております。
素晴らしい人達に出会えた、次も行きたいと思う最高のイベント参加でした。
休みが合えばまた参加しますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m





見て頂きありがとうございます。
※写真掲載に問題のある場合ご連絡下さい。削除します。








  


Posted by AKI at 15:53Comments(6)DEVGRUGBBゲーム

2018年08月24日

AOR1 6094A

ついに我が家にも AOR1 6094A がやって参りました。
DEVGRU/SEAL 装備をするなら1つは欲しい6094です。



色あせている所や汚れている所も多く、かなり使い込まれた、くたびれた感じの6094Aですが。

タグもマジックでの塗りつぶしと、こすれて消えてしまって製造年月がはっきりとは特定できません。
なんとか見える範囲で最下段のDOM MAR 20〇〇 。



ネット検索していると、フロントパネルの形状とウェビングから一番近いのがDecember 2010の個体で見つかりました。
他に見つけた画像ではAUG /SEP /OCT 2011 の物はLBTの赤タグも一緒に付いているので、それ以前かと思っています。
MAR 2011かMAR 2010だと思われますが、たぶん2011かな?





とりあえず、2645Aのカンガルーポーチを用意しました。2つ・・・。





2つ買うつもりなんてなかったのですが、黄タグの2645Aを海外から入れたはずが赤タグの2645Aが届いてしまって。
商品が間違っていると連絡を入れると、黄タグは古いやつだからもうないとの事。
写真では写っているのに無いの???即返金とこちらに届いた商品は返品不要との事で結果的には無料で2645Aをもらう形になりました。
でもやっぱり黄タグの2645Aが欲しくて別に購入。
赤タグの方もタブはナイロンなので、現タイプより少し古いものでしょうか。
せっかくなので、タブの比較です。似ているけれどもやや色が違うんですね。黄タグの方が濃いです。




ベルクロ部の高さを合わせてセットすると、こんな感じになります。

カンガルーポーチを使っているミリフォトを確認すると・・・



この方は同じ様になっていますが、




こちらの写真ではモールの一番上の所にコードを回しているみたいに見えます。
一体化して使いやすいのでしょうか?それとも別物なのでしょうか?
せっかく手に入れたので、いろいろ試してみたいと思います。



この6094Aは汚れていますが、マジックで消すという事は本職の方が使っていたはず!? 大切に使います!




見て頂きありがとうございます。  


Posted by AKI at 21:16Comments(0)DEVGRU

2018年07月17日

MP7A2

DEVGRU装備を集めていますが、ゲームに参加するには肝心の銃が無い。ということで検討しました。

DEVGRUといえばHk416だと思います。
マルイの416を買えばいいのでしょうが、一度トレポンを手にしてしまうと同じ電動買うならトレポンHk416が欲しくなります。
しかもNBORDEのKitで組みたい。となると予算が・・・。

記事には書いていませんが、シューター系の装備では最近はGBBを使っていまして、撃っていてなかなか楽しいです。
インドアのみの使用だったので問題なかったのですが、GBBのM4は冬季安定しにくいので屋外サバゲ用のHk416は避けていました。

でも、何もなければゲームができないという事で、Hk416をとりあえず諦めてMP7に。MP7なら冬でもM4系よりも動くし。
写真のMP7を購入しました。



MP7の選択肢としてはマルイ、KSC、VFCになるかと思います。が、WE MP7 を選択しました。

まず、マルイとKSCはリアルサイズではなく少し小さいので選択肢から除外しました。
(MP7A1になる前のMP7全長データで作ったのでマルイは8%小さくできてしまったらしいですが。真実は?)
写真比較よりも実際に手に取った時の方が良く分かります。1割近く小さいと別物ですね・・・。


(ハイパー道楽さんから引用)

VFCを買うと思いきやWEにした理由は、WEもリアルサイズでSQUARE RANGE さんお勧めだったからです。
トレポンはMOVEさんに作っていただいていますが、ガスブロはSQUARE RANGE さんに作ってもらっています。

ハンドガンは自分で全て組みますが(塗装以外)、トレポンとガスブロライフル系はプロに任せています。
通常の電動は沢山買ってばらして組んだり、パーツ買いと自作パーツで組み上げた事もあります。
楽しかったのですが、時間とお金がかかってしまう。特に時間が・・・。
仕事が忙しくなってしまって、休日も少なくなったので今は頼んでます。
いくつもバラシてみないと気が付かない所やオリジナルパーツ、調整はプロならではと感じます。




VFC MP7のHopも微妙ですがWEのMP7はもっとダメみたいです。
そこはオリジナルカスタムをして頂き、改善していただきました。

今回のMP7はWE SMG-8をベースにMP7リアル刻印フレームに換装後Wilcoxタイプハンドガードに変えてもらってMP7A2にしています。
No Easy Dayの写真ではWilcoxハンドガードを使用しているので。




VFC MP7と比べてもWE MP7の方がストックのガタツキもなく剛性の良い感じがします。
刻印等も写真での比較ではリアルだと思います。
作動も快調で、かなりリコイルを楽しめます。
ハイダーはVFC MP7とは反対の逆ネジですが、サイレンサーはVFCの物が着けられました。





冬のフルオートはきつそうですが、セミであればオールシーズンで使えそうです。


見て頂きありがとうございます。


  


Posted by AKI at 10:45Comments(2)DEVGRUライフル

2018年06月19日

おでこのメガネは?

再現を試みている隊員のおでこのメガネについてです。(メガネではないですが・・・)




でも、おでこのメガネといえば、「おでこのメガネでデコデコリーン」ですよね。



書きながら「それいけノンタック」を懐かしく思い出しました。
例のフレーズでメガネが下がり、色々な物と話ができるようになり、会話の中から社会を学ぶ的な番組でしたね。
なぜかは思い出せませんが、小学校の授業でも見たことがありました。

本題に戻り、この写真を最初に見た時はESS のCROSSBOW を持っていたのでこれだと思いました。
フレーム中央の出っ張り部分は同じ様な感じがしたので、画像と見比べ。



でも形状がやや異なる感じがするのと出っ張りの大きさが違うような。
ノーズパッドの色もCROSSBOWには無い色だし・・・。
という事で探してみるとOAKLEY M FRAME2.0 が近い。

ただ、売っているのは黒のフレームばかり。



タンカラーにみえたのでOAKLEY M FRAME2.0のタンカラーを探したのですが、レプリカしか見つからず。
代わりにグレーがある事を知りました。

で、オークションで割安で出ていたので購入。



遠めに見ると良いんですが、アップで見ると汚れがすごい。







隙間という隙間にびっしり汚れが詰まっている上に、イヤーソックス(ゴムの部分)は加水分解起こしているし・・・。
こんな状態では気持ち悪くて着けられない。

ということで、新しいイヤーソックスの購入と洗浄を実施!
超音波洗浄とスチームクリーナーで徹底的に洗浄しました。






きれいになりました。
アイウェアはこれで解決という事にしましょう。
あとは、あれとこれと・・・・・まだ完成までしばらくかかりそうです。



見て頂きありがとうございます。












  


Posted by AKI at 20:43Comments(0)DEVGRU小物

2018年05月15日

US Flag Patch

中野のWARRIORSさんに初めて行ってきました。
すごくセンスの良いお店で、色々な商品がかっこよく並べてありました。
買うものは決めていなかったのですが、ミリフォトを見せていただきながら色々と実使用例を教えていただき、今回はフラッグパッチを購入しました。


左上 SILENT PRO US Big Flag Patch OD
左下 LBT US Flag Patch 正
右上 IR US Flag Patch KH 逆
右下 IR US Flag Patch フルカラー 正



IR US Flag Patchは従来タイプの中がハニカム構造になっているものです。
最近は表面が少しざらついて、ハニカムタイプでない物もでてきているようです。
私は最新の装備というよりは、少し前の装備を集めていますのでハニカムタイプをチョイスしました。

カラーの方は中が良くわかります。KHのほうも光の反射で中が分かります。




MARITIME AOR1にレプリカを付けていましたので、正も合わせて購入し付けたかったのですが、在庫切れでした。
しかし、Zero Dark Thirtyを見直してみるとヘルメット右側にだけ張ってる隊員が多い。肩にフラッグパッチ付けている隊員も右肩が多かったです。(左に張っている隊員もいます。)







自衛隊では左肩が多い様に思っていましたがアメリカは違うんですね。
なので、とりあえず右側だけに。



写真では分かりにくい変化なので・・・、自己満足です。

映画では綺麗なままのパッチが付いていましたがミリフォトでは端が剥がれかけていたり、しわや小傷が入っていたりと傷んでいますので他のパーツも含めて汚し塗装をする際にダメージを与えようかと思っています。



フラッグパッチはそれぞれ色々なものを決まりなく付けている感じがします。






違う種類のフラッグパッチを上手く合わせることができるとかっこいいですね。

見て頂きありがとうございます。  


Posted by AKI at 19:49Comments(0)DEVGRU小物

2018年05月10日

MARITIME VELCRO

FMA MARITIME の続きです。

ベルクロは付いていたんですが、何か違う感がすごく出ていて少し調べました。
やはり海軍用はOPS-CORE MARITIME KIT A というベルクロみたいで形が違い、調べて良かったです。(FMA付属はBタイプでした。)
ミリフォト見るとAOR1のMARITIMEでもBタイプに近いベルクロを張った物もあるので絶対ではないと思いますが。

国内ではAタイプを探しても見つから無かったのでUSより取り寄せです。




色も全然違ったので購入して正解でした。



複製も考えたのですが、面倒なので貼っちゃいます。



レプリカのマンタとVライト、IRパッチを付けて完成です。




予算の都合上、今はレプリカで形を優先させました。
Vライトは右を緑、左を赤にしたのですが合っているのかは不明です。(航空機は右が緑、左が赤のナビゲーションライトを付ける事が航空法で義務付けられていますので、そちらをまねしています。)

前の記事から写り込んでたGPNVG-18ですがFANS GEARのものです。マウントはEvolution Gear 製でL4G19タイプです。
GPNVG-18他社製に比べて色が濃いような気がしますが、持っていないので比較できません・・・。
対物レンズは青くコーティングされていてGood。






内側に緑のLEDが仕込んであり、ボタンを押すと発光します。
発光させた状態でかぶっても眩しくない程度の輝度です。



書いている途中でPrinceton Tec CHARGE - MPLSが届いたので、着けました。






赤は2段階切り替えでハイパワーライトは白です。単三電池1本で動くのは便利ですね。



結局、色々と盛ったらベルクロは見えなくなってしまったのでベルクロはレプリカで十分かもしれませんね。


見て頂きありがとうございます。
  


Posted by AKI at 15:00Comments(0)DEVGRU小物ヘルメット

2018年05月02日

FMA MARITIME 改修

前回の続きでFMA FAST MARITIME アラミドVer の改修をおこなっていきます。
こんな感じでなぜかMARITIMEの形状をしていないので・・・



削りました。片側削るのに約10分です。



仕事で使うマイクロモーターにジルコニアバーを装着し削りました。通常のカーバイドバーでは滑る感じで削りにくかったです。
結構固いので機械無しでは削れませんね。それと細かい粉塵が出ますのでバキュームも必要です。






削った面からは繊維が出ているので、少しパテ埋めしてサンドペーパーで整えます。



そして塗装ですが、つや消しで簡単に塗れるアクリルガッシュを使いました。
ターナーのアクリルガッシュ24色です。





中学で模写の授業の時に使った事を思い出します。
今回使用した色は黄系、茶系、濃い緑、白、黒です。
乾くとマットな質感になり白っぽく見えるので、調色段階ではやや濃いめになるように混ぜていきます。
悪戦苦闘すること1時間ほど・・・。





ちょっと違う所もありますが、なんとか見える様になりました。

見て頂きありがとうございます。




  


Posted by AKI at 18:02Comments(0)DEVGRUヘルメット

2018年04月28日

FAST MARITIME AOR1 FMA

タイガー迷彩の隊員の装備を集めているのですが、ミリタリー装備収集のきっかけになったネプチューンスピア作戦当時、2011年頃のDEVGRU装備も気になりFMAのFAST MARITIME AOR1を買ってしまいました。しかもアラミドVer。厚みがありかっこいいです。


サイズはM/Lで53cm~59cmです。頭囲計測すると56cmだったのでこのサイズにして、実際ピッタリでした。


実物は見たこともないので分かりませんが、丁寧な作りでいい感じだと思います。
レイルは実物NSW トライデント入りの物を購入し交換しました。




実物はバリもなく滑らかです。色調もやや違います。手触りは似ているかな?
上が実物レイルです。


レイルバンジーは色、硬さ、長さが違います。実物は下の短い方です。フックは良く似ています。


ついでにネジも。実物(左)は研磨したものに表面処理を施して黒くした感じで、FMA(右)の方は黒の塗装です。


EvolutionGear WILCOXタイプ L4 G19 NVGマウント ヘルメットシュラウドセットを用意して、順調に交換していったのですが・・・。

1枚目の写真でFAST MARITIMEにしては何か変な所に気づかれた方いらっしゃいますか?












実はこのFMA FAST MARITIME形状が違うんです。
FAST MARITIMEでは大きくくり抜いてあるはずの所が、残っているんです。レイルだけ避けても意味ないよ・・・。
FAST バリスティック にMARITIMEのレイルを付けたんでしょうか。




せっかくレイルを実物にしたのにメットがこれでは納得できません。数カ月待って購入したものなので、おそらく交換もできないでしょう。

覚悟を決めて時間のある時に削って色塗りします!

見て頂きありがとうございます。









  


Posted by AKI at 16:53Comments(0)DEVGRUヘルメット

2018年04月25日

GERBER マルチツール

今更な感じもしますが、NO EASY DAY を読んでいまして、その中にGERBERマルチツールのくだりが出てきます。


SEALの時は1つしか支給されなかったが、DEVGRUだと各任務に合わせた装備ごとに支給されるとか。
どの国も予算が限られていますから、こういったもの1つでも制限があるんですね。
(私の知っているところだと、航空自衛隊のパイロットグローブも申請してもなかなか支給されないようです。機体の外部点検中に擦れるためか、よく穴が空くんですよね。)

本当は米軍用で爆発物処理用にマルチプライヤー600 D.E.T.というものを使っているみたいですが、 なかなか当時物は入手困難な品である事(新品は高価ですし)とゲーム中はナイフの携帯は禁止されていることがほとんどのため、むしろシースだけで十分事足りるのでシースのデザインで選びました。
ちなみにGERBERはJoseph R Gerber氏により、オレゴン州ポートランド(Portland)で1910年に創設された公告代理店だったみたいです。プレゼント用に包丁(Carving knife)を買おうしたものの良い物がなかった為、数人の力を借りて作った所からナイフ作りが始まったようです。
Gerber氏が作ったというよりプロデュースした感じですね。

4039さんや全快娘さんなど皆さんブログで書かれていますようにGERBERのロゴは年代によって異なります。
同じロゴであっても、色とシースの形状が違う場合があり難しいところです。(ロゴの色については調べても良く分かりませんでした。)



この図の後も変わっていますので、現行モデルは下のロゴになります。



明確な記述は見つからなかったのですが、2010年辺りから変わっているみたいです。
ですので、私が目指しているDEVGRU装備には1つ前のロゴのシース(2005Ver)が良いかなと思いまして購入したものがこちらです。


中身はマルチツール600です。矢印を入れている黒い部分を持ってスナップをきかせると片手で開くことが出来ます。
(意味もなく何度もやってしまいます・・・。)


4039さんのブログをいつも拝見していますと、初期アフ装備も欲しくなってしまってGERBERのケース初期アフ時代物も購入しました。




DEVGRU装備も完成していないのに初期アフ装備にも手を出してしまいました・・・。
また、まとまったら初期アフ装備もアップしようと思います。

見て頂きありがとうございます。









  


Posted by AKI at 11:08Comments(0)DEVGRU小物初期アフ